ブログ文章の書き方でもう悩まない!スムーズに書けるコツ伝授

ブログで文章が上手く書けない」

「ブログ文章の書き方を知りたい

と悩んでいる人はいませんか。

私もブログで文章を書くことが苦手で、全然うまく書けずに悩んでいました。

ブログ記事の文章の書き方で重要なのは、読者目線で書くこと。

読者目線を意識することで、読者や検索エンジンから評価される良い文章が書けますよ。

本記事の内容

  • ブログ文章の書き方のポイント
  • ブログ記事の書き方のステップ
  •  文章作成に役立つおすすめの本とツール

記事の信頼性

この記事を書いている私は、独学で一からブログを勉強。
ブログ歴は4年で、自分の経験をもとにブログ運営について情報を発信しています。

本記事では、ブログ文章の書き方のポイントを解説。

文章の書き方のポイントを知ることで、読者目線の記事が書きやすくなりますよ。

スポンサーリンク

ブログの書き方で最も重要なのは読者目線

ブログの書き方で最も重要なのは読者目線

ブログ記事を書く際、読者が何を求めているのかを常に考えることが重要です。

情報が溢れる時代において、読者は限られた時間の中で有益なコンテンツを探しています。

そのため、彼らの関心に応え、役立つ知識や解決策を提供する視点を持つことが、ブログ執筆における最大の鍵となります。

読者目線の記事を書くために、明確にすべきポイントは2つ。

  • 誰に向けて書くか
  • どんな悩みを解決できるか

誰に向けて書くか

読者目線の記事を書くためには、「誰に向けて書くのか」を明確にすることが重要。

人によって求める情報は異なります。

情報を届けたい相手を明確にすることで、特定の読者にとって価値のある記事を作ることができますよ。

誰に向けて書けばいいのか悩む人は、過去の自分を対象読者に設定することがおすすめ。

架空の人物を創造するよりも、読者目線の記事が書きやすいですよ。

対象読者の設定方法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

「ペルソナって何?」 「ペルソナを作るにはどうすればいいの?」 という悩みを抱えている人はいませんか。 私もブログを始めたころは、ペルソナという言葉をまったく知りませんでした。 結論、ペルソナは過去の自分を設定すれば[…]

ブログのペルソナは過去の自分を設定するだけで効果的

どんな悩みを解決できるか

良質なブログ記事は、読者の抱える問題や疑問に対する解決策を提供します。

そのためには、どんな悩みを持っているのか、どういった解決策を求めているのかを明確にすることが必要。

文章を構築する際には、読者が抱える具体的な問題点を取り上げ、それを解決するための具体的な方法やステップを示すことが大切です。

適切な情報を提供することで、読者の期待に応えられるだけでなく、信頼も獲得することができます。

【基礎】ブログ文章の書き方のポイント

ブログ文章の書き方のポイント

読者に情報を効果的に伝えるためには、文章の書き方が非常に重要です。

わかりやすさを重視したポイントを押さえることで、読者の理解を助け、関心を引くことができます。

本文では、ブログ文章を書くうえで記事を見やすく、伝わりやすいものにするための具体的なポイントを解説。

それらを応用することで、より良いコンテンツ制作につながる情報をお届けします。

ブログ文章の書き方のポイントはこちら、

  • 基本的な文章のルールを押さえる
  • PREP法で文章を書く
  • 文章を簡潔に書く
  • 難しい表現は極力使わない
  • 見出し・本文にキーワードを含める
  • 図を入れる
  • 箇条書きを使う
  • 文章を装飾する
  • 吹き出しを使う
  • 数字を用いて具体的に書く
  • 適度に改行をいれる

基本的な文章のルールを押さえる

ブログ記事の文章を書くとき、基本的なルールを押さえるだけで読みやすくなります。

基本的な文章のルールはこちら。

  • 「です・ます」調で統一する
  • 語尾を2回以上繰り返さない
  • 「ら抜き・い抜き言葉」は使わない
  • 同じ言葉を繰り返し使わない
  • ひらがな・漢字・カタカナの割合をバランス良く
  • 「これ・それ・あれ・どれ」は使わない
  • 係り受けの距離を近づける
  • 読点を使う

読みやすい記事は上記のような基本的なルールを守って文章を書いていることが多いです。

慣れるまでは大変ですが、ルールを意識しながら文章を書きましょう。

PREP法で文章を書く

PREP法は、Point(ポイント)、Reason(理由)、Example(例示)、Point(再度ポイント)の各要素を用いて、明確かつ説得力のある文章を書くための手法です。

PREP法では、まず議論や主張の要点を提示し、続いてその理由や根拠を明らかにする書き方。

次に具体的な例を挙げて説明し、最後にもう一度要点を織り込むことで、メッセージを強調します。

PREP法をブログ文章に応用することで、理解しやすく説得力のあるコンテンツを提供できますよ。

文章を簡潔に書く

ブログを訪れる読者は、スクロールして文章を流し読みします。

そのため、パッと見で内容がわかるレベルの簡潔な文章が必要です。

文章を簡潔に書くコツは以下の通り。

  • 主題に即した情報のみを取り上げる
  • 余分な言葉は削除する
  • 一文で伝える内容を一つに絞る

上記のコツを意識することで、文章が簡潔になり、読者の理解を促進します。

長い説明や冗長な表現を避け、ポイントを絞った内容をシンプルに伝えることが重要です。

難しい表現は極力使わない

ブログを訪れる人は、専門的な知識を持っていない場合があります。

そのため、専門用語や難解な言葉は極力避けましょう。

簡単な表現を選ぶことで、幅広い読者に対応できる記事となりますよ。

どうしても難しい言葉を使うときは、わかりやすい例や前提知識の説明を入れて、読者の理解を助ける工夫が必要です。

見出し・本文にキーワードを含める

見出しや本文を書くときは、キーワードを含めるように意識しましょう。

見出しや本文にキーワードを入れると、読者やGoogleの検索エンジンが、検索キーワードに対する情報が記事に書かれているか判断しやすくなるからです。

例えば、「ブログ 文章 書き方」というキーワードで記事を書く場合、

「ブログの文章が読みやすくなる書き方5選」

という見出しをつけると、読者や検索エンジンはキーワードに対する内容が書かれていると判断しやすいですよね。

検索ページで上位表示を狙うため、見出しや本文を書くときは、キーワードを散りばめることを意識しましょう。

ただし、無理にキーワードを盛り込むのではなく、自然な文脈に溶け込むよう注意が必要です。

見出しの書き方について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

「ブログの見出しって何を書けばいいの?」 「上手く見出しをつけられない」 と悩んでいる人はいませんか。 私も見出しを上手く書けずに悩んだ経験があるので、気持ちはよくわかります。 結論、読者が見出しを見ただけで記事の内[…]

図を入れる

ブログ記事に図表や画像を入れることは非常に効果的です。

文章を読んで理解するのは、読者にとって結構ストレスがかかる行動。

記事に図を入れると、テキスト情報では複雑になる内容でも、視覚的な理解を促すことが可能です。

また、記事全体の読みやすさも向上します。

そのため、文章だけで内容を伝えるのではなく、図を用いて視覚的に理解できるようにしましょう。

ただし、記事の内容と関係のない画像は、読者の理解を妨げる可能性があります。

記事中の画像は、単なる装飾ではなく情報伝達の手段であることを認識しましょう。

箇条書きを使う

ブログ記事を書くときは箇条書きを使いましょう。

箇条書きを使うメリットはこちら。

  • 要点を整理できる
  • 読者の記憶に残りやすい
  • 文章よりも簡単に書ける

箇条書きを使うと、情報が整理されて見やすくなるので読者が文章を理解しやすくなります。

例えば、箇条書きのメリットを文章で書くと以下の通り。

「箇条書きを使うメリットは、要点を整理でき、視覚的にわかりやすくなるので読者の記憶に残りやすいことです。
また、作成者側は文章よりも箇条書きの方が簡単に書くことができるメリットもあります。」

正直、長くて理解しにくいですよね。

そのため、文章を書くときは、3つ以上まとめられる内容があれば積極的に箇条書きを使いましょう。

文章を装飾する

ブログ記事を書くときは文章を装飾しましょう。

ブログ記事は流し読みされるので、重要なキーワードや文章を目立たせることが重要。

文章を装飾することで、読者が最も関心を持つ部分に目がいきやすくなります。

効果的な装飾の例はこちら。

  • 太字
  • 下線
  • マーカー
  • ボックス

上位表示されている記事の多くは、上記の方法を使って読者に伝えたい内容を強調しています。

ただし、装飾は過度に使用すると逆に読みにくくなる可能性があるので、バランスの良い装飾が大事です。

吹き出しを使う

読者の興味を引くためには、吹き出しを使うことがおすすめ。

吹き出しを使うことで、得られる効果はこちら。

  • 共感を得やすい
  • 内容が入ってきやすい
  • 文章のテンポが良くなる

吹き出しを利用して文章を対話形式にすることで、読者が内容に興味を持ってもらうきっかけを作る効果があります。

検索ページで上位表示されている記事では、リード文に吹き出しを使っていることが多いです。

読者にとって単調な文章を読み続けるのはストレス。

吹き出しを使って文章にリズムをつけて、読者が読みやすく、興味を持ちやすい内容にしましょう。

数字を用いて具体的に書く

ブログで文章を書く場合、なるべく数字を用いて表現することがおすすめです。

数字を用いて文章を書くメリットはこちら。

  • 情報が具体的になる
  • 信頼性が増す
  • 読者の目に留まりやすい

例えば、「多くの人々」といった表現を「7割の人々」と数字で示すことで、情報の正確性や具体性が高まりますよね。

具体的でわかりやすい情報を提供することで、読者は記事に興味を持って読み進めてくれるようになります。

適度に改行をいれる

文字が画面いっぱいに表示されると、文章が読みづらく、読者は記事を読む気が失せてブログから離脱してしまいます。

そのため、ブログ記事をかくときには、適度に改行を入れましょう。

文章のまとまりに改行を入れることで、読みやすいレイアウトを作成し、情報の理解を助けることが可能です。

ただし、改行が多すぎると文章が断片化し、返って内容が理解しづらくなります。

大体、2〜3行で改行を入れることがおすすめ。

読者が自然に内容に没入できるよう、文章に適切な改行を入れましょう。

【初心者必見】ブログ記事の書き方のステップ

【初心者必見】ブログ記事の書き方のステップ

ブログを始めたいけれど、何から手をつければ良いかわからない方向けに記事の書き方を段階的に紹介。

効果的なブログ執筆のためのプロセスを、テーマの選定から記事完成後のチェックポイントまで詳しく解説します。

  1. テーマを決める
  2. 検索キーワードを選ぶ
  3. 記事構成を作る
  4. 記事を執筆する
  5. 文章を装飾・画像を挿入する
  6. 記事の投稿設定をする
  7. 投稿前にチェックする
  8. 記事を公開する
  9. 記事をリライトする

無理なくブログを始めたい方、自分の思いを形にして表現したい方は、ぜひこのステップを参考にしてみてください。

テーマを決める

ブログ記事の最初の一歩は、テーマを決めることから始まります。

テーマがブログの方向性を示し、読者が記事に興味を持つかを決定づける重要な要素です。

テーマの決め方の例はこちら。

  • 世間の需要があるテーマ
  • 読者の悩みを解決できるテーマ
  • 自分の専門性を活かせるテーマ

まず、自身が情熱を持っているトピックをリストアップし考えを絞り込むことが大切です。

また、読者が何を知りたいのか、何に困っているのかを理解するために市場調査を行うことも重要。

興味やニーズに合わせてテーマを決定し、自身の専門知識や経験を活かした価値あるコンテンツを目指しましょう。

検索キーワードを選ぶ

記事を作るときは、検索キーワードを選びましょう。

検索キーワードを選んで記事を書くメリットはこちら。

  • 記事に一貫性が出る
  • 読者の悩みが明確になる
  • 需要のある記事が書ける
  • 必要な情報を網羅しやすくなる

検索キーワードは、読者の悩みを単語化したもの。

検索キーワードをもとに記事を書くことで、読者のニーズに応える情報を提供できるようになります。

キーワードの選び方は以下の通り。

  1. 複合キーワードをリストアップ
  2. 検索ボリュームの確認
  3. 競合サイトを調査
  4. 記事にするキーワードを絞り込む

例えば、本記事では「ブログ 文章 書き方」というキーワードで書きました。

読者から求められる記事を書くためには、検索キーワードを選びましょう。

検索キーワードの選定方法について、詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

関連記事

「なぜ、ブログ記事を書くときにキーワードを選ぶ必要があるの?」 「どうやってキーワードを選定すればいいの?」 という疑問や悩みを抱えていませんか? この記事を読むことで、キーワード選定の重要性から選び方まで網羅的に情報を得[…]

記事構成を作る

記事を書き始める前に、記事構成を作りましょう。

記事構成を作るメリットはこちら。

  • 情報が整理できる
  • 情報の抜け漏れが減る
  • 記事内容がブレなくなる

事前に記事構成を作ることで、情報が整理され書くべき内容が明確になります。

そのため、読者が求める情報が書かれた記事を作りやすくなりますよ。

記事構成の作り方はこちら。

  1. 対象読者を設定する
  2. 検索意図を明確にする
  3. 競合サイトを調査する
  4. 記事のタイトルを決める
  5. 見出しを作成する
  6. 本文を箇条書きで整理する

読者目線の記事を書くためにも、事前に記事構成を作成しましょう。

記事構成の作り方はこちらの記事で詳しく説明しているので、ぜひご覧ください。

関連記事

「ブログ記事を簡単に書くための方法を知りたい」 「品質の高い記事を早く書けるようになりたい」 「ブログに書く内容が上手くまとめられない」 という悩みを抱えている人はいませんか? このような悩みは、記事を書く前に文章構[…]

記事を執筆する

記事構成を作成できたら、記事の執筆に移りましょう。

まず、ブログ記事の基本構成は以下の通り。

  • タイトル
  • リード文
  • 見出し
  • 本文
  • まとめ

記事構成の時点でタイトルと見出しは作成しているので、ここでは残り3つを作成します。

各構成要素の役割と書き方のポイントはこちら。

  1. リード文:興味をひく
  2. 本文:悩みを解決する
  3. まとめ:行動を促す

各構成要素の役割を理解し、読者に必要な情報を適切に届けることが重要です。

リード文:興味をひく

リード文の役割は、冒頭で読者の興味をひいて、記事を読み進めてもらうことです。

リード文の書き方のポイントはこちら。

  • 誰に向けた記事なのかを明確にする
  • ユーザーの悩みを言語化する
  • 悩みの解決策を伝える
  • 記事内容を簡潔に要約する

リード文について詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

関連記事

「リード文って何を書いたらいいんだろう?」 「リード文が上手く書けない」 という悩みを抱えている人はいませんか。 私もリード文が上手く書けなかったので、気持ちはよくわかります。 この悩みは、リード文の書き方を知ること[…]

本文:悩みを解決する

本文の役割は、記事に訪れた読者の悩みを解決することです。

本文の書き方のポイントはこちら。

  • 結論から書く
  • 実体験を入れる
  • 関連性の高い情報のリンクを貼る

本文は記事の中で最も重要な要素なので、読者が求める情報をわかりやすく書くことに集中しましょう。

まとめ:行動を促す

まとめの役割は、読者に次の行動を促すことです。

まとめの書き方のポイントはこちら。

  • 記事の内容を箇条書きで整理する
  • 読者に次の行動を提示する

まとめを読んでくれる読者は記事に興味を持っている可能性が高いです。

読んで欲しい記事や試してほしい商品のリンクを紹介して、読者に行動を促しましょう。

文章を装飾する・画像を挿入する

記事内容を書き終えたら、文章の装飾や画像を挿入しましょう。

装飾や画像を利用することで、記事が大幅に読みやすくなります。

文章の装飾や画像の挿入について悩んだら、以下のポイントを参考にして下さい。

  • 要点を太字にする
  • アイキャッチ画像を設定する
  • 見出しの後に画像を入れる

読者の内容理解を助けるために、装飾や画像を使って記事を読みやすくしましょう。

読みやすいブログ記事のデザインについて、詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

関連記事

「読みやすいブログを作るためにはどうすればいいの?」 「読みやすいブログデザインに必要なことって何?」 という悩みを抱えている人はいませんか? 私もブログを運営している中で、「読みやすいブログデザイン」について試行錯誤して[…]

記事の投稿設定をする

投稿する前に、記事の設定を済ませておきましょう。

記事の投稿設定をすることで、クリック率やサイト回遊率アップにつながりますよ。

記事の設定項目はこちら。

  • メタディスクリプション
  • タグ
  • カテゴリー

メタディスクリプションとは、検索ページでタイトルの下に表示される文章のこと。

タイトルだけでは伝えきれない内容を文章で補助できます。

ユーザーは検索ページ上で記事内に求めている情報があるか判断できるので、クリック率アップに繋がりますよ。

キーワードと一致する箇所は太字になるので、積極的にキーワードを入れることが大事です。

また、タグやカテゴリーは以下のように表示されるもの。

ブログ内で記事が整理されるので、読者がブログ内で他の記事を探すときに便利です。

ブログ内で複数の記事を読んでもらうためにも、タグやカテゴリーを設定しましょう。

投稿前に内容をチェックする

記事を一通り書き終えたら、投稿前に内容をチェックしましょう。

読者の信用を獲得するには、ミスのない記事を作る必要があります。

記事を作成しているときは、文章を書くことに集中しているのでミスに気づきづらいです。

記事を書き終えてから読み直すことで、執筆中に気づかなかったミスを見つけることができます。

記事の内容をチェックするポイントはこちら。

  • 誤字脱字がないか
  • レイアウト崩れがないか
  • 文章が長くないか
  • 情報が網羅されているか
  • キーワードに対する答えがあるか

記事内容をチェックするときは、記事を作成してから1日後に読み返すことがおすすめ。

時間を空けることで、客観的に記事内容を確認できるようになるので、細かなミスにも気づきやすいです。

記事の品質を上げるために、記事を書き終えたら、内容を確認してから投稿するようにしましょう。

記事を公開する

内容のチェックが終わったら記事を投稿しましょう。

記事を公開した後は、インデックス登録のリクエストをしておくことがおすすめ。

インデックス登録とは、Googleクローラに記事を認識してもらい、検索結果に表示してもらうこと。

記事を投稿すればいつかはインデックス登録されますが、時間がかかる可能性があります。

そこで、公開した記事が少しでも早くインデックス登録されるために、リクエストを出しておくと安心です。

インデックス登録の手順はこちら。

  1. 記事のURLを貼って検索
  2. 「インデックス登録をリクエスト」ボタンを押す

インデックス登録手順1_記事のURLを検索

インデックス登録手順2_インデックス登録をリクエストをクリック

少しでも早く検索ページに載せるため、記事を投稿したらインデックス登録をしておきましょう。

記事をリライトする

記事を投稿して3ヶ月ほど経ったら、リライトを考えましょう。

リライトをすることで、記事の品質が向上し、検索ページで上位表示される可能性が上がります。

全ての記事をリライトするのは大変なので、以下のポイントに当てはまる記事を優先しましょう。

  • 収益化を狙う記事
  • アクセス数が伸びている記事
  • 内部リンクを多く貼れる

最初から完璧な記事を書くのは難しいです。

リライトを繰り返して、読者が求める記事に近づけていきましょう。

ブログ記事のリライトについて、詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

関連記事

「ブログ記事のリライトって何をすればいいんだろう?」 「リライトの方法やタイミングを知りたい」 という人は多いのではないでしょうか。 実際、私もブログを運営している中で、「リライトって何をすれば[…]

ブログで文章を書くときに役立つおすすめの本とツール

ブログで文章を書くときに役立つおすすめの本とツール

ブログで文章を書くときに役立つおすすめの本とツールを一つずつ紹介。

  • 本:沈黙のWebライティング
  • ツール:Rakurin(ラクリン)

ブログ文章の書き方で悩んだら、ぜひ試してみてください。

本:沈黙のWebライティング

ブログの文章の書き方について勉強したい人は、「沈黙のWebライティング」という本がおすすめ。

読者目線やSEO対策に必要な文章の書き方について詳しく解説されています。

600ページ以上ありますが、物語形式で書かれているので読みやすいですよ。

ブログの文章の書き方を知りたい人は、この本が一冊あれば十分。

ブログの文章の書き方を詳しく知りたい人は、「沈黙のWebライティング」を選べば間違いないですよ。

ツール:Rakurin(ラクリン)

「ブログの文章を書く時間がない」

と悩む人は、Rakurin(ラクリン)というAIツールがおすすめ。

Rakurinを使うことで、ブログの文章を自動で作成することが可能。

記事作成の時間が大幅に削減できるので、ブログの文章を考える時間がない人におすすめです。

実際に私もブログを書くときに利用していて、記事の作成時間が短くなっています。

無料でも利用できるので、気になる方は試してみましょう。

Rakurinのレビューも書いているので、詳しくはリンクの記事をご覧下さい。

Rakurin(ラクリン)|AIライティングツール
5.00

Rakurinはブログの記事作成に特化したAIツール。
無料でも利用できるツールなので、
「ブログを書く時間がない」
「ブログを継続するのがしんどい」
と感じている人は、ぜひ試してみてください!

⇒Rakurinのお申し込みはこちら

まとめ:ブログの文章は読者目線の書き方を意識しよう

本記事では、

「読まれるブログ文章の書き方が知りたい」

という悩みについて、読まれるブログ文章に必要な書き方のポイントを紹介しました。

改めて内容を整理するとこちら。

ブログ文章の書き方のポイント

  • 基本的な文章のルールを押さえる
  • PREP法で文章を書く
  • 文章を簡潔に書く
  • 難しい表現は極力使わない
  • 見出し・本文にキーワードを含める
  • 図を入れる
  • 箇条書きを使う
  • 文章を装飾する
  • 吹き出しを使う
  • 数字を用いて具体的に書く
  • 適度に改行をいれる

ブログ記事の書き方のステップ

  • テーマを決める
  • 検索キーワードを選ぶ
  • 記事構成を作る
  • 記事を執筆する
  • 文章を装飾・画像を挿入する
  • 記事の投稿設定をする
  • 投稿前にチェックする
  • 記事を公開する

文章の書き方に慣れないうちは上手く書けずに落ち込むかもしれません。

しかし、上記のポイントを意識しながら書き続けることで、ライティングスキルは上がっていきますよ。

スポンサーリンク
ブログ文章の書き方でもう悩まない!スムーズに書けるコツ伝授
最新情報をチェックしよう!