【初心者必見】ブログ記事の書き方|テンプレートも紹介

ブログ記事の書き方が分からない

記事を書き上げるのに時間がかかってしまう

という悩みを抱えている人は多いですよね。

このような悩みは、記事構成のテンプレートを利用することで解決できます

本記事の内容はこちら!

  • ブログ記事の書き方|テンプレートも紹介
  • 高品質なブログ記事を書くためのコツ5選

この記事を読むことで、ブログ記事を早く、簡単に書くことができるようになります。

私は文章が書くことが苦手で、ブログ記事の執筆に時間がかかっていました。
しかし、テンプレートを使うことで記事が書きやすくなり、アクセス数も伸びるように!

ぜひ、この記事で紹介した内容を実践して、より良い記事を書けるようになりましょう!

スポンサーリンク

ブログ記事の書き方|テンプレートも紹介

 

ブログの記事ってどうやって書けばいいのか分からない」という人も多いですよね。

そこで、ブログを始めたばかりの人に向けて、テンプレートを用いてブログ記事の書き方を紹介。

ブログ記事は、大きく6つの項目から成り立っています

6つの構成要素と役割は、以下の通り。

  1. 見出し:本文の要約
  2. 本文:読者の悩みを解決する
  3. まとめ:総括と行動を促す
  4. 導入文:読者の興味を引く
  5. タイトル:記事の第一印象を決める
  6. メタディスクリプション:第一印象のサポート

ブログ記事を書くとき、上記の①から順に書いていくとスムーズに進めることができます

何から書き始めていいのか分からない人は、上記の順番を参考にしてみて下さい!

見出し:本文の要約

見出しは、読者へ本文の内容を簡潔に提示する部分

そのため、一目見て本文の内容が推測できるようなフレーズを考える必要があります。

見出しの書き方ポイント

見出しを書くときに押さえるべきポイントを2つ紹介。

  • 検索キーワードを含める
  • 本文がわかる内容

見出しに書かれている文字は、検索エンジンから評価されています。

検索順位で上位を狙うためには、検索キーワードを見出しに含めるのは重要です。

見出しのテンプレート

見出しでよく使えるテンプレートはこちら!

  • 強調:【】括弧、|区切り
  • 数字:~3選、~5つ紹介

実際にテンプレートを使って作成した見出しの例を紹介。

  • ブログ記事の書き方|テンプレートも紹介
  • 【初心者必見】ブログ記事のアクセスアップ法
  • ブログ記事を早く書き上げるためのコツ3選

本文:読者の悩みを解決する

記事の本文は、読者の悩みを解決していく部分

読者の満足度を左右するため、読みやすく、説得力がある文章を心掛けましょう。

本文の書き方ポイント

ブログ記事で、読みやすく説得力がある文章を簡単に書くためには、PREP法を用いることがおすすめ

PREP法とは、「Point (結論)Reason (理由)Example (具体例)Point(結論)」の頭文字で、「結論ー理由ー具体例ー結論」という構成で文章を書く方法。

簡潔で説得力のある文章を書くときに適している構成で、Webライティングでは広く使われています。

ブログの本文でPREP法を使うと、要点を素早く伝えることができ、読者を引きつけることができますよ

本文のテンプレート

本文のテンプレートはこちら!

  • 結論:~です、~しましょう。
  • 理由:なぜなら
  • 例:例えば、例を挙げると、実際私も~
  • 結論:よって、そのため

テンプレートに沿って本文を書くと、以下のようになります。


ブログ記事を早く書くためには、テンプレートを利用するべきです

なぜなら、一から文章構成を考える必要がなくなるから。

実際、私もテンプレートを利用して、執筆にかかる時間が半分以下になりました。

そのため、テンプレートを積極的に使っていきましょう。


まとめ:総括と行動を促す

まとめは、記事の内容を整理して、読者に次の行動を伝える部分

記事の内容をおさらいすることで、読者に記事の内容を印象付けることができます

まとめの書き方ポイント

まとめに書く内容は、以下の3項目。

  • 記事内容のおさらい
  • 記事の結論
  • 読者に行動して欲しいこと

まとめの見出しにもキーワードを入れることを忘れずに。

まとめのテンプレート

まとめのテンプレートはこちら!

  • 見出しの箇条書き
  • 悩みに対する答え
  • 別記事や商品紹介

テンプレートを使って書いたまとめは、以下の通り。

※キーワード想定「ブログ 記事 初心者」



導入文:読者の興味を引く

導入文(リード文)は、記事の有用性を読者に提示する部分

導入文の内容で、読者の離脱率が大きく左右されます

アクセスしてくれた読者を離さないためにも、リード文は力を入れて書きましょう。

導入文の書き方ポイント

導入文は、次の5ステップで書くことができます。

  1. 読者の悩みを明確化
  2. 悩みが解決可能なことを明言
  3. 記事の内容を紹介
  4. 記事から得られる内容を提示
  5. 記事の信頼性を提示

「⑤記事の信頼性」は、定量的に示せる実績があれば望ましいですが、無ければ経験談でOKです。

導入文のテンプレート

上記5つのステップをテンプレート化すると、以下のようになります。

  1. 括弧 or 吹き出しで悩みを書く
  2. これらの悩みは~で解決できます
  3. 見出しを箇条書き
  4. この記事を読むことで~できます
  5. 実績 or 経験談

実際にテンプレートを利用した導入文はこちら。



タイトル:記事の第一印象を決める

タイトルは、読者が一番最初に目にする部分

この時点で、記事の第一印象が決まります

そのため、読者を引き付けるようなタイトルを考えましょう。

タイトルの書き方ポイント

タイトルは、最も伝えたい内容が書かれている本文の見出しと同じでOK。

例えば、「ブログ 初心者 書き方」というキーワードで作成する記事の見出しが以下の3つの場合、2番目の見出しをタイトルに付けましょう。

・ブログ記事について
【初心者向け】ブログ記事の書き方
・初心者からできる|記事のアクセスを増やす方法3選

タイトルのテンプレート

タイトルを一から考える場合は、3つのポイントを意識しましょう。

  • 検索キーワードを含める
  • 30文字程度に収める
  • 重要な内容を先に書く

タイトルの付け方は、こちらの記事を参考にしてください!

関連記事

「ブログの記事タイトルが決められない」 「ブログの記事タイトルって、どのくらいの文字数にすればいいの?」 「タイトルを決めるときの例を知りたい」 という悩みを抱えている人はいませんか。 この記事を読めば、誰でも簡単に[…]

メタディスクリプション:第一印象のサポート

メタディスクリプションとは、検索ページでタイトルの下に表示される文章のこと

タイトル下に情報を追加することで、読者のクリック意欲を向上させることができます。

メタディスクリプションの書き方ポイント

メタディスクリプションで意識する点はこちら。

  • 100文字程度に収める
  • キーワードを含める
  • 悩み、解決策を入れる

検索ページで表示されるメタディスクリプションは、100文字程度。

メタディスクリプションを熱心に読んでくれる人は少ないので、簡潔にまとめることが重要です。

メタディスクリプションのテンプレート

メタディスクリプションのテンプレートはこちら。

  • 読者の悩み
  • 解決策
  • 記事から得られる内容

書く内容は、導入文の「①:読者の悩み」「④:記事から得られる内容」で書いたことをコピペ or 参考にすればOK。

テンプレートに沿って書くと以下のようになります。


ブログ記事が上手く書けなくて悩んでいませんか?

その悩みは、文章構成のテンプレートを使えば解決できます。

この記事では、テンプレートを使って記事を上手く、早く書ける方法を紹介。

(86文字)


高品質なブログ記事を書くためのコツ5選

ブログ記事は、読者にわかりやすく内容を伝えることが求められます。

そこで、ブログ記事を書くときに意識するだけで品質アップに繋がるコツを5つ紹介!

  1. 文章を簡潔に書く
  2. 読者のストレスを減らす
  3. スマホ画面を意識する
  4. 重要ポイントを強調する
  5. 根拠を提示する

読みやすい記事を書けば、読者からの評価も上がりますよ。

文章を簡潔に書く

記事を読んでもらうためには、文章を簡潔にまとめる必要があります

文章だけがびっしり書かれている記事は、読む気がなくなりますよね。

文章を簡潔に、わかりやすく書くための工夫はこちら。

  • 箇条書きでまとめる
  • 関連画像で説明を省略する
  • 吹き出しを使う

記事の内容をすべて読んでくれる読者は一握りです。

そのため、記事をパッと見て内容が把握できるくらい簡潔に書くと、読者の興味を引くことができます

読者のストレスを減らす

文章を読む作業は、労力を使うもの。

そのため、読者が記事を読むときのストレスを少しでも減らすことが大事です。

読者のストレスを減らす工夫はこちら。

  • 専門用語・難しい表現を使わない
  • 同じ表現を連続で使わない
  • 文末表現を統一する
  • 主語と述語を近づける
  • 「こそあど」言葉を避ける

こそあど言葉とは、「これ・それ・あれ・どれ」のこと。

読んでいる途中で文章に違和感が出てくると、内容が頭に入って来なくなります。

内容を正確に伝えるためには、読者に心地よく読み進めてもらう工夫が必要なのです。

スマホ画面を意識する

ブログ記事は、パソコンだけでなくスマホからも多くアクセスされます

しかし、パソコンでブログ記事を作成していると、スマホ画面のレイアウトを忘れてしまいがち。

スマホからアクセスしてくれた読者の満足度を上げるためにも、以下のポイントに気を付けましょう。

  • タイトルの長さ
  • 箇条書きの長さ
  • 改行の回数

スマホ画面を意識した記事を書くことで、より多くの読者に満足してもらえます

投稿する前に、スマホ画面のレイアウトチェックを忘れずに

重要ポイントを強調する

読者に印象を残したい内容がある場合、重要な部分を強調することがおすすめ

重要ポイントを強調する方法はこちら。

  • 枠で囲む
  • アンダーラインを引く
  • 太文字にする
  • 色を変える

強調して他の部分と差別化することで、流し読みをしていても目に留まるようになります。

ただし、強調の使い過ぎは逆効果になるので、必要な部分だけに絞りましょう

ちなみに、有料のブログデザインを使えば簡単に文章を強調可能

この記事でもブログデザインを利用して文を強調していますが、簡単にできるので執筆時間の短縮に繋がっています

本ブログで利用しているブログデザインはこちら!

根拠を提示する

記事内容の根拠を提示することで、文章の説得力が格段に向上します

根拠を提示する方法はこちら。

  • 経験談を入れる
  • 情報を引用する

実際の経験や客観的な情報は、記事の信ぴょう性を裏付ける役割。

そのため、伝えたい内容は、「結論+根拠」で書くことを意識しましょう。

まとめ:ブログの書き方はテンプレートで解決

今回の記事で紹介した内容はこちら。

  • ブログ記事の構成
  • 【テンプレート付】ブログ記事の書き方
  • 高品質なブログ記事を書くためのコツ5選

ブログを早く、簡単に書くためには、テンプレートを使いましょう。

テンプレートに沿って文章を書くだけで、悩むことが格段に減ります。

他にも記事を書くコツを紹介しているので、合わせてご覧ください!

関連記事

「なぜ、ブログ記事を書くときにキーワードを選ぶ必要があるの?」 「どうやってキーワードを選定すればいいの?」 という疑問や悩みを抱えていませんか? この記事を読むことで、キーワード選定の重要性から選び方まで網羅的に情報を得[…]

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!